ヴェルファイアTOPヴェルファイア評価>ヴェルファイア ガソリンorハイブリッド

ヴェルファイアを買うならハイブリッドかガソリン車か?徹底比較してみました


※ヴェルファイアの画像 出典toyota.jp

 

大人がフル乗車してもリラックスできるヴェルファイア。

 

購入を検討している場合に、まず悩むのはハイブリット車か、ガソリン車か、どちらにするかということではないでしょうか。

 

いずれのグレードも豊富です。


ハイブリッド車は燃費が良くて静かさが魅力、ガソリン車はハイブリッドよりも安く買えて自然な走行フィーリングが魅力です。

 

それぞれのメリットやデメリットについて、装備や価格など中心に色々と比較してみました。

 

 

ヴェルファイアハイブリッドとガソリン車の外装の違い

 

まずヴェルファイアハイブリッドとガソリン車の外装に違いがあるのか見てみましょう。

 


ヴェルファイア ハイブリット V

 

 


ヴェルファイア V

 

上の画像がヴェルファイアハイブリッドで、下がガソリン車です。

 

外装の違いは、ハイブリッドでは左右のフロントタイア上側付近にHYBRIDと表示されたエンブレムが付いています。

 

また、フロントグリルにあるシンボルマークの丸い輪郭部分がブルーで加飾されています。

 

 


ヴェルファイア ハイブリット V

 

 

ヴェルファイア V

 

リヤ側を見てみましょう。

 

ハイブリッドではフロント側と同様に、バックドアにハイブリッドのエンブレムが付いてシンボルマークはブルーに加飾されています。

 

このように、外装ではエンブレムとシンボルマークの違いのみです。

 

ハイブリットとガソリン車に外観で大きな差はありません。

 

 


なお、ハイブリット専用の装備として車両接近通報装置が装着されます。


ゆっくりと(約25km/hまで)EVで前進または後退しているときに、フロントグリル付近に設置されたスピーカーから自動で音が鳴るようになっています。

 

一時停止スイッチでOFFにもできます。


EV走行時ではモーターだけを使用します。

 

モーターの音は小さく、また音に気付いてもそれが車とは認識されません。

 

このような場合は、歩行者が車の接近に気付きにくいので危険な場面が考えられます。

 

走行しながら音を出すことで、歩行者に車の接近を知らせます。

 

ハイブリッド特有の安全性に配慮した装備です。

 

 

ヴェルファイアハイブリッドとガソリン車の内装の違い

 

インテリアの装備に違いがあるか見てみましょう。

 

ハイブリッド専用、ガソリン車専用の装備があります。


ヴェルファイアハイブリッドのみに装着される装備から紹介します。

 

 

ハイブリッドシステムインジケーター

 

ヴェルファイア ハイブリット V

 

 


ヴェルファイア V

 

上の画像がヴェルファイアハイブリッド、下がガソリン車のオプティトロンメーターです。


ガソリン車では、右側にスピードメーターが、左側にエンジン回転数が表示されています。

 

ハイブリッド車では左側にハイブリッドシステムインジケーターが配置されます。


ハイブリッドシステムインジケーターは、充電中 / エンジンとモーター併用燃費にやさしい運転といったハイブリッドシステムの状態を常に表示します。

 


集中モードオートエアコン

 


運転者だけが乗車している場合に、リヤ側のエアコンを自動でOFFにして、運転席だけを集中して利かせるS-FLOW機能があります。

 

後席に乗車していない場合に無駄にエアコンを使用することなく、燃費にも効果的です。

 

 

モードスイッチ

 


ガソリン車には、オフとエコモードのモードスイッチが付いていますが、EVモードのスイッチが付いているのはハイブリットのみとなっています。


EVモードスイッチを押すと、エンジンを使わずにモーターだけで静かに走行します。

 

早朝や夜間など、静かに走行したい場合に有効な走行モードです。

 

ただし、バッテリーのみでモーター走行するので、走行距離は限られてしまいます。


このモードは、エンジンを使わないため燃費に貢献するでしょう。

 

 

大型コンソールボックス

 


大型コンソールボックス

 

ハイブリットでは、センターパネルから一体感のある大型のコンソールボックスが全てのグレードに付きます。

 

ガソリン車ではグレード別装備となります。肘掛けもあって、使いやすくなっています。

 

 


スタンダードコンソールボックス

 

大型コンソールボックスが付かない一部のガソリングレードは、スタンダードタイプになります。

 

高さはありませんが、ボックス前方に空間が生まれ、ちょっとした物を置くときに便利です。


次に、ヴェルファイアガソリン車のみに装着される装備を見てみましょう。

 

 

助手席スーパーロングスライドシート

 


7人乗りガソリン車の一部グレードのみに装着されます。

 

ガソリン車の8人乗りとハイブリッド車には設定の無い装備です。


助手席が1,160mmまでスライドするので、画像のように後方へずらせば足を大きく伸ばしてゆったりと座れます。

 

セカンドシートも同様に大きくスライドします。

 

 

助手席といっしょに前方へスライドさせて、セカンドシートの背もたれを倒せば、セカンドシート / サードシート付近に長い荷物を置けるスペースが生まれます。

 


アームレスト

 


大型コンソールボックスが装着されないグレードの運転席と助手席に付きます。

 

可倒式なので、不要なときは畳められるので邪魔になりません。

 

この他にもグレードによって加飾や装備などの違いがありますが、ハイブリッドとガソリン車との区別はほとんどなく、むしろグレードの違いによって差別化されています。

 

外装では大きな違いはありませんでしたが、ヴェルファイアハイブリッドとガソリン車の内装の違いは、それぞれ専用装備で違いがありました。



ヴェルファイアハイブリッドとガソリン車のメリットは?

 

 

ヴェルファイアハイブリッドのメリットは?


・ガソリン車よりも燃費が良い
・市街地やゆっくりとEVで走行する時は、ガソリン車より静か
・エンジンとモーターを使った加速は早く、静かさもある
・E-FOUR(電気式4WDシステム)のモーターによる走行性が安定している
・ガソリン車より乗り心地がよい

 

 

ヴェルファイアガソリン車のメリットは?

 

・ハイブリッドに比べておよそ50万円~60万円価格が安い
・2.5リットルエンジンのアクセルを踏んだときの自然な加速フィーリング
・3.5リットルエンジンの力強いトルクが余裕を感じる
・助手席のスーパーロングスライドシートでゆったりできる

・2.5ならハイブリッドよりもリセールバリューが良い

 

 

ヴェルファイアハイブリッドとガソリン車の欠点・デメリットは?

 

 

ヴェルファイアハイブリッドの欠点・弱点は?


・ガソリン車に比べて50万円~60万円価格が高い
・EVで静かに走行していると、歩行者が気づきにくい
・重量級ミニバンなので、ハイブリッドでもそれほど燃費が良くない
・助手席スーパーロングスライドシートの設定がない
・安くはない車両価格
・8人乗りのグレードは「X」のみの設定で、他のグレードでは選べない
・タコメーターがないと、装備を省略されている気がする

・ガソリン2.5よりもリセールバリューが悪い

 

 

ヴェルファイアガソリン車の欠点・弱点は?


・ハイブリッドに比べて燃費がよくない
・ハイブリッドに比べて静かさが劣る
・助手席のスーパーロングスライドシートは、実はあまり使う機会がない
・高速道路の登坂走行などでは、パワー不足を感じる
・アイドリングストップからのエンジン始動の時に振動が大きいと感じる

 

 

ヴェルファイアハイブリッドとガソリン車の価格とコストを比較!

 

ヴェルファイアハイブリッドは、車両価格がガソリン車より高くなっています。

 

燃費の良さでガソリン車との価格差を埋める場合、どの位の距離と時間が掛かるのか計算してみました。

 


ハイブリッドとガソリン車の価格差と実燃費は?

 

ヴェルファイア ハイブリット V(4WD・7人乗り)


車両価格:4,775,563円
平均実燃費:12.3km/L

 

ヴェルファイア V(ガソリン車・4WD・7人乗り)


車両価格:4,245,382円
平均実燃費:9.3km/L

 

ハイブリッドとガソリン車との価格差は、530,181円です。

 

平均実燃費の差は3.0km/Lです。


ここでの平均実燃費とは、市街地・幹線道路・高速道路を走行した時の平均の実燃費数値です。

 


価格差530,181円を埋めるにはどの位掛かる?

 

ハイブリッドの燃費の良さでガソリン車との高価な価格差を埋めるには、どのくらいかかるのでしょうか。


まずは、ハイブリッドとガソリン車の燃料代を、平均実燃費から試算してみましょう。

 

一般的な走行距離は、1年間に10,000キロ走行すると言われます。


レギュラーガソリンの1リットル当たりの単価を130円とします。

 

・ハイブリッド 実燃費1リットル当たり12.3km 10,000km走行した時の燃費代は

 

10,000km÷12.3km =813.0リットル、813.0リットル×130円=105,690円

 

・ハイブリッド 実燃費1リットル当たり9.3km 10,000km走行した時の燃費代は

 

10,000km÷9.3km =1075.3リットル、1075.3リットル×130円=139,789円


1年間で10,000km走行した場合、ガソリン車の方が34,099円高くなる計算です。


ガソリン代34,099円で、ハイブリッドとガソリン車の価格差530,181円の元を取れる走行距離を計算すると、

530,181÷34,099=15.55万㎞の走行距離が必要となります。


年間1万キロ走行した場合で元が取れる年数は約15年半、年間2万キロでは約7年半、年間3万キロなら約5年となります。

 

ハイブリッドの燃費の良さでガソリン車との高価な価格差を埋めるのは、かなりの走行距離と期間を要することが分かります。

 

ただ、この試算はハイブリットが4WD車のみの設定なので、今回の試算はガソリン車も4WDのグレードで比較しました。

 

前輪駆動のガソリン車と比較するなら車両価格が4WDよりも約25万円安いので、ハイブリットとの価格差はさらに25万円広がることになります。

 

逆に燃費の差は縮まるので、ハイブリッドとガソリン車の2WDを比較すると、年間1万キロ走行で元を取るには、約26年強かかる計算になります。

 

 

エコカー減税を考慮すると?

 

上記は車両価格の差のみで計算しています。

 

購入する時にはエコカー減税で減税されますので、この金額も試算してみましょう。

 

エコカー減税は、ハイブリッドは自動車取得税・自動車重量税ともに免税です。また、グリーン化特例は75%が減税されます。

 

ガソリン車は、自動車取得税は20%減税・自動車重量税税金は25%減税です。したがって、減税分で購入価格差が少し縮まります。


ハイブリッド Vの場合では190,300円、ガソリン車のVでは30,700円が減税されますので、その差は159,600円です。

 

ハイブリッドとガソリン車(4WD)の価格差530,181円ですが、減税分を差し引くと530,181円-159,600円=370,581円まで差が少なくなります。

 

年間1万キロの場合は、約5年短縮され、10年半で元が取れる計算になります。

 

もっと正確に差を見るなら税金とグレード、さらに必要なオプションまで含めた総支払額の差で試算するのが良いでしょう。

 

 

買うならヴェルファイアハイブリッドとガソリン車どっち?

 

一度購入するとそれなりの期間を所有すると思いますが、ガソリン車をオススメするケースは購入費や維持費を安くしたい場合です。

 

4WDではなく、前輪駆動車のグレードを選択する場合はさらに安くなります。

 

これは、ハイブリットの燃費効果がそれほど大きくないことが理由です。

 

平均燃費はハイブリットが12km/L、ガソリン車が9km/Lで、この差はわずか3km/Lしかありません。

 

燃費以外に、エンジンの特性を重視するならガソリン車の方が優位となるでしょう。

 

モーターの加速・減速が独特と感じる場合もあり、ガソリンエンジンならではのナチュラルなアクセル応答性は魅力です。

 

ハイブリッドの購入費が高くても、ハイブリッドの加速性や静寂性、先進機能を手に入れる優越感を持ちたい場合は、ハイブリッドを選ぶと良いでしょう。


上記のエコカー減税を含めた試算では、ハイブリッドとガソリン車との差は、約37万円ハイブリッドが高い計算ですが、37万円分の価値が見いだせるなら、ハイブリッドを選択すると良いでしょうね。

 

 

下取り車があるならヴェルファイアがさらに安く買える

 

もし下取り車をディーラーに出そうと思っているなら、ある事をするだけでさらにヴェルファイアの総支払額を下げられるかもしれません。

 

方法は簡単なので、是非試してみて下さい。

 

 

ディーラーの初回査定は信用しない

 

多くのユーザーは車を買い替える時に、ディーラーで査定してもらうと思います。管理人も毎回そうです。

 

しかしこのディーラーの下取り金額は、非常に低く見積もられていることが多いです。

 

管理人の実体験ですが、以前フィットシャトルハイブリッドを買い替えた時に新車の見積もりがてら、まずディーラーでどの位付くのか?査定してもらいました。

 

初回の査定金額は76万円でした。4年落ちですが、正直高いか安いかも分からなかったので、買取店にも査定してもらう事にしました。

 

買取店の査定サイトに申込んだ所、査定サイト上に自分の車の買取相場が表示されるのですが、なんとディーラーよりも20万円高かったのです。

 

 

査定

 

これが本当なら20万円も安く見積もられている事になります。早速ディーラーへ伝えました。

 

 

買取店の相場をディーラーに伝えたら20万円も安い下取り金額が・・・

 

後日新車の契約のためディーラーへ行って、最後の詰めの商談を行いました。

 

値引きはほぼ満足できる条件だったので、残るは例の下取り金額です。

 

「買取店では96万円は不可能な数字では無いようですが」と言うと、「あれから上司と相談しまして、同じまで頑張らせていただきます」とディーラーの下取り金額も96万円になりました。

 

実に初回の査定金額から20万円アップです。

 

この時したことは、査定サイトで表示された買取相場をディーラーに伝えただけです。

 

これだけで20万円のアップに成功したので、下取り車があるならヴェルファイアの支払額をさらに下げることも可能です。

 

その後買取店に査定してもらうと、さらに高い108万円の査定金額が付いたので、結局買取店へ売却することにしました。

 

その時の契約書はこちら。

 

 

 

ディーラーの方が高ければそのままディーラーへ下取りに出しましたが、買取店の方が高かったので買取店へ売却しました。

 

ディーラーには新車の契約時に「買取店へ売るかもしれないので下取りに出さない事もある」と了承してもらえば、買取店へ売却することが出来ます。

 

もし買取店の査定を検討しないで、ディーラーへ下取りに出していたら最初の76万円で売っていたかもしれません。(32万円の損です・・・)

 

この時利用した査定サイトは、「かんたん車査定ガイド」です。1分程度の入力後すぐに自分の車の買取相場が表示されるので、ディーラー査定と比較するのにとても便利ですね。

 

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

 

 

 

1店舗だけの査定なら買取店最大手のガリバーがおススメです。

 

221616.com【ガリバー】中古車検索プログラム

>>ガリバーのオンライン無料査定はこちら

 

 

ヴェルファイアの値引き交渉のノウハウはこちら

 

当サイトのヴェルファイア値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がヴェルファイアを限界値引きで購入しています。

 

今月のヴェルファイアの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

 

>>ヴェルファイア値引き交渉マニュアル

 

 

PR

PAGE TOP

copyright©2006-2016 トヨタ ヴェルファイアを買う! All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com