トヨタ ヴェルファイアを買う!
ヴェルファイアTOPモデルチェンジ推移>2008年5月12日

ヴェルファイア 値引き

 

ヴェルファイア カタログ
車名の由来
試乗レポート集
新車販売台数推移
モデルチェンジ推移
モデルチェンジ予想
最新目標値引き額
ヴェルファイア値引き交渉術
ヴェル値引き交渉レポート
ヴェルファイアのライバル車
ヴェルファイア中古車相場
新車値引き交渉術
ヴェルの維持費を安くする
ヴェルファイアの燃費
ヴェルのドレスアップパーツ
下取り車の相場を調べる
ヴェルファイアの保険料相場

ヴェルファイアを売る

リンク集

 

 
トヨタ ヴェルファイア モデルチェンジ推移2008年5月12日

 

トヨタニュースリリースより

 

-----

 

TOYOTA、アルファードをフルモデルチェンジ
「アルファード」および「ヴェルファイア」、2つの個性で新登場

 


  TOYOTAは、アルファードをフルモデルチェンジし、新型「アルファード」を全国のトヨペット店、新車名となる「ヴェルファイア」“VELLFIRE*1”を全国のネッツ店を通じて、5月12日より発売した。なお、2.4Lの4WD車については、8月1日より発売する。

 

 新型車は、「威風堂々、ミニバンの頂点」をテーマに、その商品力を全てにおいて格段に進化させ、アルファードは「上品」「洗練」を、ヴェルファイアは「力強さ」「先進性」の特長を際立たせた外観とすることで、個性の全く異なるクルマとした。

 

 具体的には、新プラットフォームを採用した革新的パッケージにより、一層の室内空間の拡大と乗降性の向上を図るとともに、セカンドシートの「エグゼクティブパワーシート」、LED室内間接照明など、究極のおもてなし空間を目指した充実の装備を採用している。また、パワートレーンの一新に加え、空力特性の改善や軽量化により、ゆとりの動力性能と大幅な燃費向上をはじめとする高い環境性能を両立。さらに、優れた操縦性・走行安定性、クラス*2トップレベルの安全性能を実現するなど、お客様に所有することで誇りを感じていただけるTOYOTAのフラッグシップミニバンである。

 



【主な特長】

1.上品かつ洗練されたアルファード、力強く先進的なヴェルファイア

トヨタ車のデザインフィロソフィ「VIBRANT CLARITY(活き活き・明快)」に基づき、堂々たる存在感・高級感を表現することを共通のテーマに、アルファードは上品かつ洗練されたデザインを、ヴェルファイアは力強く先進的なデザインを追求し、それぞれの個性を強く主張

2.究極のおもてなし空間と充実の快適装備

新プラットフォームを採用した革新的パッケージにより、低全高としながら低床化により室内高を10mm、室内長については75mm拡大し、室内空間の拡大と乗降性の向上を両立

高級感あるインテリアと大型ヘッドレスト・アームレストを備えた「エグゼクティブパワーシート」をはじめ、サードシートまで続くLED室内間接照明、多彩なシートアレンジなどにより、くつろぎの室内空間を創出

合計18個のスピーカーにより圧倒的な音の拡がりを演出する「トヨタプレミアムサウンドシステム」や、「前席左右・前後独立温度コントロールオートエアコン(湿度センサー付)」の採用など、快適装備を一層充実

3.大幅に進化を遂げた車両運動性能

新搭載のV6 3.5L Dual VVT-i*3エンジンは6 Super ECT、出力を高めた2.4L VVT-iエンジンはSuper CVT-i*4と組み合わせ、ゆとりの動力性能を実現

パワートレーンの一新に加え、空力特性の改善や軽量化を行い、従来型車と比べ、排気量を3.0L(2WD)から3.5L(2WD)にアップしながらも約7%、2.4L(2WD)では約20%とそれぞれ大幅に燃費性能を向上し、ゆとりの動力性能と高い環境性能を両立

低全高・低床パッケージによる低重心化、ワイドトレッド&ロングホイールベースにより、ロールの少ない優れた操縦性・走行安定性と上質な乗り心地を実現

4.クラストップレベルの環境・安全性能

CO2の削減を念頭に燃費向上を図り、2.4L(2WD)で11.6km/L*5(CO2排出量:200g/km*6)を実現し、「平成22年度燃費基準*7+25%」を達成。さらに、全車、「平成17年基準排出ガス75%低減レベル*8」の認定を取得(グリーン税制による減税措置対象車)

独自の環境評価システム「Eco-VAS*9」を活用し、CO2排出量をはじめ、環境負荷を低減

S-VSC*10、計7個のSRS*11エアバッグ、運転席・助手席のアクティブヘッドレストを全車標準装備するとともに、プリクラッシュセーフティシステム(ミリ波レーダー方式)を設定するなど、クラストップレベルの安全性能を実現

 

 

*1 VELLFIRE(ヴェルファイア):英語の「VELVET(もの静かな)」+「FIRE(情熱)」からの造語。クールな情熱をもつクルマの意
*2 同排気量クラスでの比較
*3 VVT-i:Variable Valve Timing-intelligent(連続可変バルブタイミング機構)
*4 Super CVT-i:Super Continuously Variable Transmission-intelligent(自動無段変速機)
*5 10・15モード走行、国土交通省審査値
*6 1km走行当たりのCO2排出量換算値
*7 省エネ法に基づき定められている燃費目標基準
*8 国土交通省の低排出ガス車認定制度
*9 Eco-VAS(エコバス):Eco-Vehicle Assessment System(トヨタ自動車独自の総合的環境評価システム)
*10 S-VSC:Steering-assisted Vehicle Stability Control(ステアリング協調車両安定性制御システム)
*11 SRS:Supplemental Restraint System(乗員保護補助装置)

【販売概要】

1. 販 売 店

アルファード 全国のトヨペット店
ヴェルファイア   全国のネッツ店


2. 月販目標台数 :

アルファード 3,000台
ヴェルファイア 3,000台


3. 店頭発表会 : 5月17日(土)・18日(日)

【生産工場】

トヨタ車体(株) いなべ工場

 

 

・価格(消費税込み)

アルファード

3,000,000-4,500,000円

 

ヴェルファイア

3,000,000-4,500,000円

【車両概要】

1.上品かつ洗練されたアルファード、力強く先進的なヴェルファイア
▽ 堂々たる存在感・高級感を表現することを共通のテーマに、アルファードは上品かつ洗練されたデザインを、ヴェルファイアは力強く先進的なデザインを追求し、それぞれの個性を強く主張


<アルファード>
・ フロントは、フロントピラーからバンパーへ抜けるV字型ラインが躍動的なフロントマスクを表現し、切れ長の大型ヘッドランプと動きのある横バーグリルが高級感を演出
・ サイドは、フロントフェンダーから一気に駆け上がる伸びやかなモノフォルムシルエットを実現
・ リヤは、リヤピラーからつながるV字型ラインで立体感を表現するとともに、厚みのあるバンパーで堂々としたたたずまいを演出


<ヴェルファイア>
・ フロントは、二段積みのヘッドランプや横基調のグリルが個性を演出し、サイドへの流れを強調したフロントマスクが先進性を表現
・ サイドは、フロントフェンダーから一気に駆け上がる伸びやかなモノフォルムシルエットを実現
・ リヤは、リヤピラーからつながるV字型ラインで立体感を表現するとともに、厚みのあるバンパーで堂々としたたたずまいを演出。リヤコンビネーションランプは、LEDとクリアレンズを配した二段積みのデザインとし、クールな印象を演出


▽ トヨタ初の「ルーフスポイラー格納式リヤワイパー」を採用し、すっきりとした見映えを実現


▽ エアログレードは、踏ん張り感を強調したバンパー、サイドクラッディングパネルにより、スポーティーなイメージを表現。18インチアルミホイールの採用により、走りのイメージを強化。また、リヤコンビネーションランプは専用スモーク塗装を施し、クールさを強調

 


2.究極のおもてなし空間と充実の快適装備


<パッケージ>
▽ 新プラットフォームを採用した革新的パッケージにより、低全高としながら低床化によりフロア高を55mm下げることで室内高を10mm、室内長については75mm拡大し、室内空間の拡大と乗降性の向上を両立
▽ ロードノイズとエンジンノイズを低減する吸・遮音材を最適配置するなど優れた静粛性を確保


<シート>
▽ フロントシートには、運転席とドアミラーの位置をボタン操作一つで再現する「マイコンプリセットドライビングポジションシステム」を設定するとともに、乗員の快適さと心地良さを追求し「快適温熱シート」、「助手席パワーオットマン&4ウェイパワーシート」を装備
▽ セカンドシートには、ゆったりとしたくつろぎの時間を提供する「エグゼクティブパワーシート」を採用
・ フロント席シートバックに備えられた大型フットレスト、パワーオットマンや大型ヘッドレスト、大型アームレストを装備
▽ サードシートは、スペースアップ機構によりシート跳ね上げの操作性を大幅に改善
▽ 後席でのロングスライド&リクライニングにより多彩なシートアレンジを実現するとともに、セカンドシートチップアップ、サードシートスペースアップの採用により余裕のラゲージスペースを確保


<インテリア>
▽ 4段階の明るさ調整が可能なサードシートまで続くLED室内間接照明を全車に標準装備し、上質でおしゃれな室内空間を演出
▽ トヨタブランドでは初採用となるスパッタリング工法*1による金属加飾を施したセンタークラスターや、センター部の大きな木目調パネルにより気品あふれる高級感を表現


<装備>
▽ 運転席と助手席、前席と後席で独立した温度設定が可能な「前席左右・前後独立温度コントロールオートエアコン(湿度センサー付)」
▽ 合計18個のスピーカーをもつ「トヨタプレミアムサウンドシステム」により、高音質はもちろん、車室内サイズを感じさせない圧倒的な音の拡がりを実現
・ フロントスピーカーに竹の繊維を振動板に使用し、音をより明瞭に再現する「竹繊維スピーカー」をカーオーディオとして初採用
・ 後席の音質を向上させる「スライドドアスピーカー」をトヨタ初採用
・ 計6個の「天井スピーカー」により音の奥行き、拡がりを表現
▽ 後席の独立音声切り替え機能に加え、ワイヤレスリモコンで電動開閉する後席大型9インチVGA*2モニターを採用した「リヤシートエンターテイメントシステム」により、後席での快適な視聴環境を提供


3.大幅な進化を遂げた車両運動性能
▽ 新搭載のV6 3.5L Dual VVT-iエンジンは6 Super ECT、出力を高めた2.4L VVT-iエンジンはSuper CVT-iと組み合わせ、ゆとりの動力性能を実現
・ マニュアル感覚の操作が楽しめるシーケンシャルシフトマチックを全車に採用(3.5L:6速、2.4L:7速スポーツ)
▽ パワートレーンの一新に加え、空力特性の改善や軽量化により、従来型車と比べ、排気量を3.0L(2WD)から3.5L(2WD)にアップしながらも約7%、2.4L(2WD)では約20%とそれぞれ大幅に燃費性能を向上し、ゆとりの動力性能と高い環境性能を両立
・ V6 3.5L Dual VVT-iエンジンと6 Super ECT、2.4L VVT-iエンジンとSuper CVT-iの採用
・ バンパーやスポイラー、床下部品などの形状最適化による空力特性の改善
・ 個別部品の設計見直しによる軽量化
▽ 低全高・低床パッケージによる低重心化、ワイドトレッド&ロングホイールベースにより、ロールの少ない優れた操縦性・走行安定性と上質な乗り心地を実現
▽ 全車4輪に16インチ大型ディスクブレーキを採用し最適チューニングを施すことで、ブレーキ性能をさらに向上


4.クラストップレベルの環境・安全性能
▽ CO2の削減を念頭に燃費向上を図り、2.4L(2WD)で11.6km/L(CO2排出量:200g/km)を実現し、「平成22年度燃費基準+25%」を達成。さらに、NOx(窒素酸化物)、NMHC(非メタン炭化水素)を低減し、全車、「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」の認定を取得 (グリーン税制による減税措置対象車)
▽ エコドライブインジケーター
・ 環境に優しいアクセル操作(エコ運転)で点灯するエコドライブインジケーターランプに加え、現在のアクセル開度とエコ運転の範囲を示すエコドライブインジケーターゾーン表示を全車に採用することで、ドライバーのエコ運転に対する意識を啓発
▽ トヨタ自動車独自の環境評価システム「Eco-VAS」を活用し、効率的に環境負荷を低減
・ 開発初期段階から環境目標を設定し、環境影響をバランスよく減少
・ LCA(ライフサイクルアセスメント)を実施し、走行段階だけでなく、生産から廃棄するまでの全段階で排出するCO2や大気汚染物質の総量を低減
▽ 内装部品の素材、加工法、接着剤の見直しにより、揮発性有機化合物(VOC*3)の発生量を抑制し、車室内の臭いや刺激臭を軽減するなど、業界自主目標を達成
▽ パワー(駆動力)・ステアリング・ブレーキを協調制御して車両の安定を保つS-VSCを全車に標準装備
▽ プリクラッシュセーフティシステム(ミリ波レーダー方式)
・ ミリ波レーダーによって衝突の可能性を検知し、乗員の初期拘束効果を高めるプリクラッシュシートベルトや衝突速度を低減するプリクラッシュブレーキにより、衝突した際の被害軽減に寄与


▽ より進化した衝突安全ボディGOA
・ コンパティビリティの概念を取り入れて、全方位からのさまざまな衝突試験に対応。
衝突時の衝撃を骨格部材に効果的に荷重分散し吸収するボディ構造を採用し、生存空間やダミーの傷害値においてトヨタ自動車独自の目標をクリア
▽ 頭部傷害軽減においてクラストップレベルの保護性能を追求し、歩行者傷害軽減に配慮したボディ構造
▽ SRSサイドエアバッグ、SRSカーテンシールドエアバッグ、SRSニーエアバッグ(運転席)を含む計7個のSRSエアバッグを全車に標準装備
▽ アクティブヘッドレスト付WIL*4コンセプトシートを全車に標準装備
・ 後方から衝突された際、ヘッドレストを適切な位置に移動させることにより、乗員の頸部への衝撃を緩和し、むち打ち傷害軽減に寄与するアクティブヘッドレストを運転席と助手席に採用
▽ セカンドシート(8人乗り)、サードシートの中央席に3点式シートベルトとヘッドレストを標準装備

*1 スパッタリング工法:銀白色の金属であるクロム原子を真空中で付着させる工法
*2 VGA:Video Graphics Array(ディスプレイ解像度640×480ピクセル)
*3 VOC:Volatile Organic Compounds
*4 WIL:Whiplash Injury Lessening(頸部傷害軽減)


【ウェルキャブ(メーカー完成特装車)】

▽ シートが車外へスライドダウンし乗降をサポートする「助手席リフトアップシート車」は、リフトアップ機構をコンパクト化することで、セカンドシートの足元スペースを拡大するとともに、シートスライド量およびフットレストを拡大
▽ セカンドシートがそのまま車いすになる「サイドリフトアップシート車(脱着タイプ)」は、可動式フットレストを新採用し、車いすとしての利便性を向上
▽ 車いすのまま乗降できる「車いす仕様車(スロープタイプ)」は、電動ウィンチ、足元照明を標準装備するとともに、フロアのフラット化などにより使用性を向上

<設定仕様>
・ 助手席リフトアップシート車“Aタイプ”/“Bタイプ”
・ サイドリフトアップシート車(脱着タイプ)“手動式”/“電動式”
・ 車いす仕様車(スロープタイプ)“タイプI”/“タイプII”

 

ヴェルファイア アルファード

 

トップページへ

 
■ 広告

 

    221616.com【ガリバー】中古車検索プログラム     

 

 


 

copyright ©2008-2013 トヨタ ヴェルファイアを買う! All Rights Reserved