トヨタ ヴェルファイア購入記!ヴェルファイア値引きレポート-ふみふみさん

 

ヴェルファイア

 

契約日
2009.6.27
ネーム 年齢 性別
ふみふみ/40代前半/男性
商談地
埼玉県
購入グレード
ヴェルファイア 2.4Z プラチナセレクション 4WD
メーカー
オプション
ホワイトパールクリスタルシャイン、ツインムーンルーフ、タイヤ・アルミ17インチダウン(-44,100円の減額)
ディーラー
オプション
他装備付属品
フロアマット(エントランスマツト付き)、字光式ナンバー、フロアーコンソール、スカッフイルミネーション、ウェルカムライト、サイドバイザー、オートリトラクダブルミラー、HDDナビ(NHZN-59G)、マルチビューバックモニター、VICS(ビーコンユニツト)、ETC(ナビ連動)、メッキミラーガーニッシュ、アドミレーションエアロキット、アドミレーションロゴエンブレム
オプション総額
965,160円
車庫証明
計上
納車費用

カット

車両本体価格
からの値引き額
497,855円
オプションからの値引き額
100,000円
無料サービス品名と総額

ガソリン満タン(5,000円分)、アドミレーションロゴエンブレム、純正ナビからのリアモニター配線出し。(運転席付近まで)

値引き合計額

602,855円

購入総額
(下取り分含まず)
3,985,000円
下取り車

トヨタ アルファード 2400cc H16年式 24,500km ホワイトパールマイカ AT

下取り車の価格
1,680,000円
下取り車の売却先
買取店 (下取り車を高く売るには?

値引き交渉・購入レポート!

 

 ヴェルファイアを購入するきっかけは、とあるインターネットからの一括無料査定でした。5年乗っているアルファード 特別仕様車 2.4(4WD)アルカンターラ仕様を査定していただいたところ、160万(7月第1週目の日曜日に引取る条件で。)を提示していただきました。


ちなみに、見積業者は合計4社(カーセブン、カーチス、オンリーワン等)からとり、色々と社外品を付けているので、最終的にオンリーワンが「167万」で是非、買取りをさせてくださいとのことでしたが、一旦保留しました。

 

しかし、このオンリーワンという買取業者は、アルファードを引き取った後にヴェルファイアが納車されるまで、代車を無料で手配してくれるとのことでした。(一部代車まで用意してくれるなんて、正直びっくりしました。)


そこで妻に車を購入したい意志を示したところ、こんなにお金を掛けて社外品を付けたし、まだ、5年しか乗っていないことを言われあえなく撃沈。


それでもめげずに子供達のこと、今後、アルファードが5年以上経過したものは、価格もどんどん落ちてしまうことを理由に何とかディーラーとの交渉までは了解をもらい、その後、購入するのであれば支払う現金は200万までと支払金額を設定されました。


いよいよ、出陣です。本命は、6月2日に発売されたヴェルファイア特別仕様車(プラチナセレクション 2.4)です。

まず、トヨペット店に行き、ここは以前ハイエースを購入した店でもあり、当時の営業マンはいませんでしたが、今回対応していただいた営業マンは話し方とか対応が良くとても好印象です。

アルファードが去年フルモデルチェンジした際、カタログをもらい、色々な説明を受けていた時の営業マンでした。そのことを覚えていてとても嬉しかったですね。


早速、商談に入りこちらの意向を伝えて、今日は顔合わせ程度ですと話を切り出し、まずは、最初の見積もりを依頼すると同時にアルファードの査定もお願いしてみました。しばらくすると、アルファードの見積もりを提示され、事前に伝えたオプション(ホワイトパールクリスタルシャイン・フロアマット)のみでお願いしました。


車両本体値引額20万・アルファードの査定額130万。「渋い、値引きが渋すぎる。」と思いましたが、これからネッツ店へ行くことを伝えトヨペット店をあとにしました。


次に本命のネッツ店へ。
予めインターネットから商談予約をしていましたので、店に着くとスムーズに案内され商談開始。


営業マンは話し方が「ハキハキ」していてトヨペットの話を交えながら、たわいもないことで雑談をした後、当方はヴェルファイアから50万の値引きをしますとのこと。


最初の商談なのに、「いきなりの値引額がすごい」ついでにアルファードの査定もお願いしましたが128万との返答。次回、ヴェルファイアの試乗をお願いして家路に着きました。


翌週、2回目の商談開始、まず、トヨペット店へ家族を連れて行き、早速、アルファードの試乗をさせてもらい、子供達は大喜びで「いいなぁ~ この車買うの~」と言っていましたが、一番チビの娘が試乗後、営業マンのいるすぐ横で「お父さん、ヴェルファイアはいいね。これ買うんでしょ」と「一瞬、自分は固まってしまい、本命がヴェルファイアだとばれたかな」と心配してしまいました。


試乗も終わり店内へ。営業マンはネッツ店のことを色々と探り始めてきたので、正直にこちらも話をして、ネッツ店でのヴェルファイアの値引額50万を伝えたところ、正直驚きを隠せないようでした。


そこで、トヨペットの営業マンに「色々とオプションを付けて、再見積をお願いします。」と切り出し、オプション総額約77万を付けてお願いしたところ、値引額が30万・下取り価格を145万まで引き上げてきました。

 

しかし、それでも買取業者の167万には到底及ばず、ネッツ店での商談時間が近づいていたので、今回はここまででとトヨペット店を後にしました。


帰り際、トヨペットの営業マンは「是非、是非宜しくお願いします。」と頭を深々下げていました。「アルファードは、たいぶ苦戦を強いられるような」感じを受け、家族を一旦家に帰してネッツ店へ直行し、今度は逆にネッツ店の営業マンがトヨペット店の事を色々と聞いてきました。


その中で、下取り価格(145万)の話をした時のことですが、ネッツ店では128万以上は無理ですとの回答をもらいました。(色々と社外品付けているのが逆にネッツ店では、マイナスだそうです。) ヴェルファイアの50万の値引きもローンを組むとか、車庫証明手続き費用及び納車費用並びにオプションも値引きに入っているとのことで、「ちょっと、ガッカリ」


とりあえず、現在乗っているアルファードは、買取業者(167万)にお願いすることをネッツ店の営業マンに話をして、ヴェルファイアの再見積をとトヨペット店と同様(OP総額77万)をお願いして出来上がった見積もりをもらい、ある程度の説明を受け今日はここで時間切れ。


家に帰り妻に200万までには、補助金等あとからのキャッシュバックを入れても「あと17万足りない。」と話して、あとはオプションを削るか、更なる値引きを引き出すか。もちろん後者を選択。


「翌週が勝負になると確信する」自分でした。


次の日に、トヨペットの営業マンが家に訪れ、不在だったため名刺等を置いていき、「これは、勝負をしてきているな」と実感。


翌週、「いよいよ、勝負の時がやってきました。」順番的には、トヨペット店、ネッツ店のいつもの順で勝負をかけます。


家族と共にトヨペット店へ到着。「営業マンがお待ち致しておりました」と第一声。
店の中に通され、少し待っていると昨日上司と相談して色々と検討した結果、車両本体値引き額30万、下取り価格165万(最初の下取り価格より、35万もアップ)「ムム、誠意と頑張りオーラ」がみなぎっている。

 

でも提示された最終支払い金額は、下取り金額を差し引いても244万でした。到底、支払い金額の200万、補助金等差し引いても31万の予算オーバーでした。少し粘ると更なる10万円をオプションから値引くとのこと。それでも21万の予算オーバーとなってしまった。


話は平行線のまま、トヨペット店の営業マンいわくアルファードは、これ以上値引きはできません。アルファードのプライドがあるような話をしてきました。


ここで、トヨペット店の最終価格が出たような気がしましたので、次にヴェルファイアのネッツ店へ足を運ぶことにしました。 


いよいよ「最後の勝負」の時かきました。もちろん妻には悪役を演じてもらいます。

トヨペット店の話をしてネッツ店の営業マンと再三の駆け引きをするにも、なかなか現金での総支払額200万には及ばず、ここで横にいる妻の出番です。

 

妻に「どうかなぁ~ 駄目かな~」と話しかけ、妻が一言「200万しか出せません」ときっぱり物を申してくれた。更に営業マンには、最後の切り札として印鑑を見せて「契約しますけど」と値引きを要求。

 

下取りなし、ローンも組まない、納車費用をカット、ガソリン満タン(結果5,000円の値引きでした。)を要求し、そこで営業マンには、「どうしても○○さんからヴェルファイアが買いたい。とても好印象で自分としては、気が合い気持ちよく商談ができました」とお世辞も含め、営業マンを持ち上げました。


「どうでるか営業マン。がんばれ営業マン」と心に言い聞かせ、営業マンは「ちょつと、待っててください」と言い残し席を離れていきました。もちろん上司に相談しに行った感じでした。


結構長い時間待たされて、ようやく戻ってきました。


営業マンは、「ここで決めていただけるのなら」とヴェルファイア最終支払い金額197.5万でどうですかと提示があり、「やったぁ~」と心の中で叫んでいました。


妻もこの金額ならと了解をもらいましたが、ここまで頑張ってもらった営業マンには、「頑張ったで賞」としてアドミレーションのエアロキット(工賃込み20.9万、端数の9千をカット)を付けてもらうことにしました。(一番は自分が付けたかったからですが、妻も了解の一言。)

 

もう少し値引けるかなと思い、オイルとオイルエレメントはアルファードと同じだということで、1ヶ月点検時オイル等持ち込み工賃無料とアドミレーションロゴエンブレムをサービスしてもらいました。


更に、営業マンからの朗報で、買取業者の知り合いがいるので確認してもらつたところ、「なんと168万」で買取りをする旨の返事があり、現在、乗っているアルファードもヴェルファイアが納車されるまで乗っていても構わないと二重の喜び。


契約後に自賠責保険37ヶ月を36ヶ月に短縮(車検を切らして、もしもの事で37ヶ月保険が適用されている説明を受けたが、車検を切らす訳が無いことを主張)してもらい、わずかな金額だか690円を減額してもらった


最後に、頑張ってもらったトヨペット店の営業マンには、丁重にお断りの電話を入れ、目出たく念願のヴェルファイアを「ゲット」


後日、ネッツ店の営業マンには、「先日は、色々とご無理を言いましたこと、○○さんから購入できて、とても良かったことを話し、差し入れも持って行きました。」


ここまでですが、だいたい自分の思うように事が進み、有意義な商談・契約になりました。


 

こちらも参考に!ヴェルファイアを安く買う値引き交渉術!

 

PR

PAGE TOP

copyright©2006-2016 トヨタ ヴェルファイアを買う! All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com