TOPヴェルファイア試乗レポート>ヴェルファイア運転・大きさ・車庫入れ

ヴェルファイアは運転しやすい?大きさ、車庫入れをチェック!

 

ヴェルファイアはLクラスミニバンとして、国産車の中では一番大きなミニバンと言っても過言ではありません。見た目もコンパクトカーと比べたら非常に大きいですが、果たして運転はしやすいのでしょうか?ヴェルファイアの運転のしやすさについて検証したいと思います。

 

撮影車両
ヴェルファイア 2.5 Z Gエディション 4WD(7人乗り)

走行距離4000㎞

 

 

ヴェルファイアのボディサイズは?

 

撮影車両のヴェルファイアのボディサイズは、以下の通りです。

 

全長 4,935mm

全幅 1,850mm

全高 1,895mm

 

全高は2WDと4WDで15mmほど差がありますが、運転のしやすさの違いには影響はないでしょう。

 

全長は5メートルにあと6.5㎝なのでサイズ的には大きいですね。5ナンバーサイズのヴォクシーの全長は4,710mmなので20センチ以上ヴェルファイアの方が長くなっています。

 

全幅は1850mmです。5ナンバーサイズのヴォクシーは1,695mmなので、15センチ以上幅が広く、この数字だけ見るとヴェルファイアの運転に不安を感じる人も居るのではないでしょうか。

 

大きいと言えば大きいですが、LクラスのセダンやSUV、RVは1900~2000mmを超える車もあるので、個人的には見た目ほど寸法は大きくない印象です。

 

ヴェルファイアの全高は4WDで1895mmです。ヴォクシーの4WDが1870mmなので2.5㎝ほど高いですね。

 

 

ヴェルファイアの車幅感覚は意外とつかみやすい?

 

 

ヴェルファイアの車幅はヴォクシーよりも15.5㎝広く、大柄なボディサイズになっています。車を運転する上で一番ボディサイズを感じるのは、長さよりも幅ではないでしょうか。

 

駐車する時や、狭い道でのすれ違いなど、車幅が広いと運転に不安感を感じます。

 

ただ、実際にヴェルファイアを運転してみると、確かに車幅はありますが運転しにくい事はありません。

 

ボディが箱型でスクエアなので、ヴェルファイアの車幅感覚は非常につかみやすくなっています。

 

まず車幅が広くて一番不安な個所は、左前ですよね。

 

ヴェルファイアには左前に補助ミラーが付いています。補助ミラーがちょうどコーナーポールのような役目を果たし、左前の車幅感覚が非常に掴みやすくなっています。

 

 

ボディがスクエアなので、ボディサイドやフェンダーが湾曲している部分もなく、ヴェルファイアの車幅は前後にかけてほぼ一定です。

 

左前の補助ミラーからドアミラーまでの車幅感覚が認識できれば、ヴェルファイアの車幅感覚をつかむのはさほど難しくないと思います。

 

 

ヴェルファイアのインテリジェントクリアランスソナーは優秀!

 

一部上級グレードで標準装備ですが、ヴェルファイアにはメーカーオプションでインテリジェントクリアランスソナーが用意されています。

 

管理人のヴェルファイアにも付いていますが、このインテリジェントクリアランスソナーが付いていれば、前後8個のセンサーが障害物を感知してくれて、メーター内の表示とブザーで知らせてくれます。

 

 

 

普段ヴェルファイアをぶつけない自信がある人でも、疲れていたり、ボーっととしていたり、何か考え事をしてたりすると、誤ってぶつけてしまうケースがあると思います。車をぶつける時って得てしてそんなタイミングですよね。管理人も経験があります・・・

 

そんな時に、このクリアランスソナーが装備されていれば、前進時や後退時でもセンサーが障害物を感知してくれるので、ヴェルファイアをぶつけるリスクは大幅に下がると思います。

 

障害物との距離もディスプレイ表示で接近状態が分かるので、ナビのバックカメラと併用すれば、大柄なヴェルファイアのボディでも取り回しは苦ではありません。

 

 

ヴェルファイアの車庫入れは簡単?難しい?

 

ヴェルファイアをバックで車庫入れする時は、ボディの長さが気になります。ボディの後ろが隣の車にぶつからないか?車庫入れしていると気になる部分です。

 

まずはヴェルファイアの見切りを見てみましょう。

 

 

ヴェルファイアの運転席からの見切りです。ボンネットも見えませんが、それほど前部が出ていないので思ったほど見切りの悪さは感じません。

 

 

 

ヴェルファイアの運転席側の見切りです。運転席側で近いので、車両の感覚は掴みやすいです。ドアミラーも見やすいですね。

 

 

 

ヴェルファイアの左側の見切りです。ドアミラーに映る範囲は狭くないので、左後方も非常に見やすくなっています。ドアミラーと補助ミラーがヴェルファイアの車幅感覚を助けてくれますね。

 

 

 

ヴェルファイアのルームミラーです。必要十分の範囲が見えています。

 

 

 

ヴェルファイアの左後方の見切りです。あまり良いとは言えませんンが、サイドミラーとバックカメラがあれば左後方の確認はしやすいです。

 

 

 

ヴェルファイアの後方視界の見切りです。乗用車と違ってリアゲートより後ろはバンパー分しか出っ張りがないので、真後ろの車両感覚は掴みやすいです。ナビのバックカメラがあれば、直接後方を見る事はあまりありませんが。

 

 

ヴェルファイアの車庫入れにはバックカメラが必須??

 

ヴェルファイアの車庫入れでは、今となっては必需品と言っても良いバックカメラは必要ですね。無くてももちろん車庫入れが出来ない事はないですが、あった方が絶対便利です(笑)

 

 

純正オプションのバックガイドモニターには、ステアリング操作に連動して黄色い予想進路を表示してくれます。

これによって、左後方の車に対して注意が行き届いて、コーナーセンサーと合わせればヴェルファイアの車庫入れは難しくありません。

 

輪留めが無い駐車場でも、バックカメラによってギリギリまでバックさせる事が出来ます。

 

ヴェルファイアに限らず運転席から後方まで距離があるミニバンや他の車でも、バックカメラがあった方がぶつけるリスクを大幅に減らせるでしょう。新車を購入する方は、ほとんど付けられるのではないでしょうか。

 

 

まとめ ヴェルファイアの使い勝手は?

 

ヴェルファイアのボディサイズは大きいので、普段乗っていてやはりボディの大きさを感じる事は多々あります。

 

狭い道路でのすれ違いや狭い駐車場では、正直ヴェルファイアよりもヴォクシーやコンパクトカーの方が、取り回しは楽でしょう。

 

ただ、ヴェルファイアの見切りやクリアランスソナー、バックカメラによってヴェルファイアを運転する事は難しくありません。

 

道路を走行する分には、ボディの大きさはそれほど感じませんからね。むしろ見晴らしの良いアイポイントで運転がしやすい位です。

 

ヴェルファイアのボディサイズの大きさから、最初は運転しにくいのでは?と思ってしまいますが、実際に運転してみれば意外にも車幅感覚は掴みやすいですし、ソナーやバックカメラのおかげで車庫入れや取り回しも難しくありません。

 

ボディの大きさに慣れるのもそれほど時間は掛からないので、ボディの大きさでヴェルファイアの購入を悩んでいるなら思い切って買ってみてはいかがでしょうか。

 

高いアイポイントからの見晴らしのよさは、運転していて気持ちが良いですよ!

 

 

下取り車があるならヴェルファイアがさらに安く買える

 

もし下取り車をディーラーに出そうと思っているなら、ある事をするだけでさらにヴェルファイアの総支払額を下げられるかもしれません。

 

方法は簡単なので、是非試してみて下さい。

 

 

ディーラーの初回査定は信用しない

 

多くのユーザーは車を買い替える時に、ディーラーで査定してもらうと思います。管理人も毎回そうです。

 

しかしこのディーラーの下取り金額は、非常に低く見積もられていることが多いです。

 

管理人の実体験ですが、以前フィットシャトルハイブリッドを買い替えた時に新車の見積もりがてら、まずディーラーでどの位付くのか?査定してもらいました。

 

初回の査定金額は76万円でした。4年落ちですが、正直高いか安いかも分からなかったので、買取店にも査定してもらう事にしました。

 

買取店の査定サイトに申込んだ所、査定サイト上に自分の車の買取相場が表示されるのですが、なんとディーラーよりも20万円高かったのです。

 

 

査定

 

これが本当なら20万円も安く見積もられている事になります。早速ディーラーへ伝えました。

 

 

買取店の相場をディーラーに伝えたら20万円も安い下取り金額が・・・

 

後日新車の契約のためディーラーへ行って、最後の詰めの商談を行いました。

 

値引きはほぼ満足できる条件だったので、残るは例の下取り金額です。

 

「買取店では96万円は不可能な数字では無いようですが」と言うと、「あれから上司と相談しまして、同じまで頑張らせていただきます」とディーラーの下取り金額も96万円になりました。

 

実に初回の査定金額から20万円アップです。

 

この時したことは、査定サイトで表示された買取相場をディーラーに伝えただけです。

 

これだけで20万円のアップに成功したので、下取り車があるならヴェルファイアの支払額をさらに下げることも可能です。

 

その後買取店に査定してもらうと、さらに高い108万円の査定金額が付いたので、結局買取店へ売却することにしました。

 

その時の契約書はこちら。

 

 

 

ディーラーの方が高ければそのままディーラーへ下取りに出しましたが、買取店の方が高かったので買取店へ売却しました。

 

ディーラーには新車の契約時に「買取店へ売るかもしれないので下取りに出さない事もある」と了承してもらえば、買取店へ売却することが出来ます。

 

もし買取店の査定を検討しないで、ディーラーへ下取りに出していたら最初の76万円で売っていたかもしれません。(32万円の損です・・・)

 

この時利用した査定サイトは、「かんたん車査定ガイド」です。1分程度の入力後すぐに自分の車の買取相場が表示されるので、ディーラー査定と比較するのにとても便利ですね。

 

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

 

 

 

1店舗だけの査定なら買取店最大手のガリバーがおススメです。

 

221616.com【ガリバー】中古車検索プログラム

>>ガリバーのオンライン無料査定はこちら

 

 

ヴェルファイアの値引き交渉のノウハウはこちら

 

当サイトのヴェルファイア値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がヴェルファイアを限界値引きで購入しています。

 

今月のヴェルファイアの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

 

>>ヴェルファイア値引き交渉マニュアル

 

 

ヴェルファイア試乗レポート一覧へ戻る

 

PR

PAGE TOP

copyright©2006-2016 トヨタ ヴェルファイアを買う! All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com