ヴェルファイアTOPヴェルファイア人気グレードの値引き>ヴェルファイアZGエディションの値引き

ヴェルファイアZ Gエディションの値引きと総支払額をシミュレーション

 

 ここでは、トヨタ ヴェルファイアの人気グレード値引き交渉術について紹介します。

 

 値引きを含んだヴェルファイアZ Gエディションの見積りシミュレーションや他のグレードとの装備比較、実燃費、ライバル車のグレードとZGエディションとの比較、リセールバリュー、実例値引きなどを紹介しています。

 

 ヴェルファイアZGエディションを安く買うための参考にどうぞ。

 

 

 

 

人気グレードのヴェルファイア2.5Z Gエディションを他のグレードと比較

 

グレード名 ヴェルファイア2.5Z Gエディション ヴェルファイア2.5V
価格比較

4,362,120円

4,185,000円
2.5Vとの価格差 +177,120円  
装備比較

エクステリアメッキ加飾

エクステリアメッキ加飾

18インチアルミホイール

(切削光輝+ブラック塗装)

17インチアルミホイール

(ハイパークロームメタリック塗装)

パワーバックドアあり

ヴェルファイアのパワーバックドア

パワーバックドア(メーカーオプション)

大型ハイグレードコンソールボックス

大型ハイグレードコンソールボックス

運転席・助手席パワーシート 運転席・助手席パワーシート
合成皮革シート 合成皮革シート

エグゼクティブパワーシート
(セカンドシート)

リラックスキャプテンシート
(セカンドシート)

パーソナルランプ(LED) パーソナルランプ(LED)
本革巻き+メタルウッドステアリングヴェルファイアのステアリングホイール

本革巻き+メタルブラウンステアリング

ヴェルファイアのステアリング

LEDフォグランプ LEDフォグランプ

LEDヘッドランプ

LEDヘッドランプ

オートワイパーあり あり
後席用サンシェードあり あり

 

 ヴェルファイアの中でも売れ筋グレードの2.5Z Gエディションを、価格帯の似た2.5Vと装備を比較してみました。

 

 2.5Z Gエディションは2.5Vに比べて約18万円高くなっていますが、2.5Z Gエディションはエアロボディでアルミホイールも1インチ大きく、よりスポーティなドライビングが楽しめるところが人気のポイントとなっています。

 

 インテリア等については概ね似通っていますが、大きな部分ではセカンドシートに違いがあり、2.5Z Gエディションではより優雅に座れるエグゼクティブパワーシートを導入。2.5Vのリラックスキャプテンシートに差をつけています。

 

 精悍な顔つきと力強い足回り、そしてハイグレードな居住性。約18万円の差額でこれらが手に入るなら、管理人は2.5Z Gエディションをおススメします。

 

 

ヴェルファイア2.5ZGエディションのエクステリア

 


※ヴェルファイア:出典toyota.jp

 

 ヴェルファイアZGエディションのエクステリアデザインです。

 

 標準ボディとの相違点は、エアロタイプのF/Rバンパー、サイドマッドガード、18インチアルミホイールです。ヴェルファイアらしい迫力ある外観となっています。

 

 

 

 ヴェルファイアZGエディションのリア周りのスタイルです。

 

 フロントに比べてリアは若干大人しめなデザインです。しかしテールゲートスポイラーとリヤエアロバンパーのおかげでどっしりとした重厚感あるデザインとなっています。テールランプがクリアレンズなので、ボディカラーとマッチしてシルエットをシャープに引き立てます。

 

 

ヴェルファイア2.5ZGエディションのインテリア

 

 

 ヴェルファイア2.5Z Gエディションのインテリアです。

 

 インストルメントパネルやシフトパネル、ドアトリム、ステアリングにはメタルウッド調が採用され、見た目のアクセントと高い質感を実現しています。

 

 ダッシュボードやドア内張り、大型センターコンソールなどには一部合成皮革が使われ、ソフトな感触と見た目の質感を非常に高くしています。

 

 

 

 ガラスからルーフへ続く内装はグレー調ですが、全体はほぼブラックのインテリアで統一されています。シートは合成皮革ですが、合成皮革の触感は柔らかく、かつ滑りにくく体をしっかりとホールドしてくれます。

 

※また、2017年12月のマイナーチェンジによって運転席&助手席にシートヒーターもついたので、寒い季節でも快適なドライビングが楽しめます。

 

 セカンドシートは間違いなくヴェルファイア2.5Z Gエディションの特等席です。我が家の車もZGエディションなのですが、子供らと嫁さんがいつも取り合いをしています(※助手席=お父さんの隣にも、誰か座って欲しいです・笑)

 

 

 

 インパネはメタルウッド&スパッタリングでシャープにまとめてあり、インテリアの質感を高めてくれます。

 

 

 

 ヴェルファイアZGエディションに標準装備の大型センターコンソールです。合成皮革とメタルウッドで高級感があります。ティッシュボックスが余裕で収まるので容量もたっぷりです。左右どちらからも開けられるので、運転席・助手席どちらからでもアクセスできます。もちろん、肘掛けの塩梅も文句ありません。

 

 

ヴェルファイア2.5ZGエディション(2WD)の実燃費は?

 

ヴェルファイア2.5ZGエディションの平均実燃費 8.3km/L

 

 ヴェルファイア2.5ZGエディションのカタログ燃費は11.4㎞/Lです。

 

 渋滞が発生する市街地での燃費は、平均すると8km/L前後となります。冬場の一番燃費が悪くなる時期では、6~7km/L台まで落ち込むこともあります。

 

 渋滞のない流れの良い一般道や幹線道路では、平均して9~10km/Lの実燃費が可能です。信号待ちからのゼロ発進が少なくなり、一定の速度で走る場面が多くなるので、ヴェルファイア2.5Z Gエディションの実燃費が伸びています。

 

 ヴェルファイアのような車重のあるLクラスミニバンは、ゼロ発進や加減速が多い状況になると、どうしても実燃費が下がってしまいますね。

 

 ヴェルファイア2.5Z Gエディションの高速道路を走行した際の実燃費は、平均して11~12km/Lほどになります。平均車速が100キロ+αを想定していますが、平均車速を80~90キロまで落とせば13~14km/Lの実燃費も可能になります。

 

 先代のヴェルファイアよりも燃費性能が上がっていますね。

 

 

ヴェルファイア2.5ZGを値引きさせるならライバル車のこのグレードを対抗に!

 

 

 ヴェルファイアZGから値引きを引き出すには、ライバル車との競合が有効ですが、正直他メーカーの車種では少々力不足です。

 

 Lクラスミニバンは、ヴェルファイアとアルファードの独壇場と言ってもいいので、ヴェルファイア2.5ZGと競合させるなら同じトヨタのアルファードが一番有効ですが、ここではまずまず販売好調なオデッセイハイブリッドを対抗に挙げてみたいと思います。

 

ヴェルファイア2.5ZGエディション(7人乗り) オデッセイハイブリッド アブソルートEXホンダセンシング(7人乗り)

4,362,120円

4,150,000円
オデッセイより212,120円高い --
自動ブレーキ+全車速追従クルーズコントロール
(トヨタ セーフティセンス)
自動ブレーキ+全車速追従クルーズコントロール
(標準装備)
エアロ装着エクステリア エアロ装着エクステリア
アイドリングストップ(MOP56,160円) アイドリングストップ(標準装備)
両側電動スライドドア 両側電動スライドドア
LEDヘッドライト LEDヘッドライト
パワーバックドアあり パワーバックドアなし
ナビはOP ホンダインターナビ+ETC2.0車載器(メーカーOP)
18インチアルミホイール 17インチアルミホイール

 

 以上、ヴェルファイア2.5Z Gエディションとオデッセイハイブリッド アブソルートEXホンダセンシングの価格と装備を比較してみました。


 装備面を見ると、ヴェルファイア2.5Z Gエディションはパワーバックドア、18インチアルミホイールでアドバンテージを取っているものの、アイドリングストップ機能やハイブリッドゆえの燃費面で引けを取っています。


 と言っても一長一短という程度の差ですから、気になるのはやはり購入価格。


 約21万円という金額差のアピールと、引けを取っている装備の「無いものねだり」で、営業マンを焦らせたいところです。


 「オデッセイはアイドリングストップ機能やハイブリッドで燃費が良いなど環境性能が高く、嫁さんが気に入っているが、自分はヴェルファイアが欲しい。オデッセイとの価格差が埋まれば嫁さんを説得できるかも知れない」などと値引き交渉すると効果的です。

 

 

ヴェルファイア2.5ZGエディションのリセールバリューは?

 

 ヴェルファイア2.5ZGを売る時はいくらになるのか?どうせ買うなら高く売れるグレードが良いですよね。

 

 新車から3年後のヴェルファイア2.5Z Gエディションはじめ、グレード別のリセールバリューを紹介します。

 

※現行型2015年式のリセール(2018年現在)

グレード名 新車価格 買取相場 新車価格に対するリセールバリュー 差額
2.5ZGエディション 436.2万円 366万円 83.9% 70.2万円
2.5ZAエディション 390.5万円 321万円 82.2% 69.5万円
2.5X 335.4万円 262万円 78.1% 73.4万円

 

 3年落ちヴェルファイアのリセールバリューは各グレード80%前後となっており、3年落ち普通乗用車のリセールバリュー平均値(50~55%)を大きく上回っている事から、ヴェルファイアは買い替えに優れたクルマと言えます。


 中でも、購入価格の高い(≒装備が充実していて人気も高い)グレードほど買取相場も高く、高リセールとなっている傾向が見られるため、高リセールを狙ってグレードを選ぶ時の参考になるでしょう。


 ちなみに、ボディカラーはホワイトパールかブラック、メーカーオプションにムーンルーフを装着するとより有利(オプション料金以上のプラス)となりやすいので、予算に余裕があるなら是非ともつけておきましょう。

 

 

ヴェルファイア2.5ZGエディションの値引き後の総支払額は?

 

 

 ヴェルファイアZGの値引き後の新車見積もりをシミュレーションしてみます。

 

 オプション無しの最安バージョンと、おすすめオプションを入れた値引き後の見積もりシミュレーションを紹介します。

 

 

オプション無しの最安での値引き新車見積もり

 

グレード名 ヴェルファイア2.5Z Gエディション
車両本体価格

4,362,120円

メーカーオプション価格 0円
(MOP品名) --
ディーラーオプション価格 0円
(DOP品名) --
諸費用 234,357円
目標値引き ▲230,000円
オプション値引き --
支払総額 4,366,477円

 

 オプションを全く付けない状態でのヴェルファイアZGの値引き見積もりシミュレーションです。

 

 当サイトで調査した目標値引き額を達成できれば、車両本体価格とほぼ同額でく買える事になります。

 

 とは言え、付属品を全く付けないで購入するのは少々現実的ではないので、純正よりも安いネット通販でオプションを揃えたらどの位安くなるのか、シミュレーションしてみました。

 

 

オプション品名 社外品 純正オプション
フロアマット
(エントランスマット付き)
27,810円(14カラー) 102,600円(ロイヤルタイプ)
ドアバイザー 4,298円 30,240円
ナビゲーション 244,400円(アルパイン10型) 294,300円(10インチ)
リア席モニター 78,700円(アルパインリアビジョン12.8型) 102,600円(12.1型)
革調シートカバー 18,900円 129,600円

 

 ネット通販でお手軽に買えるのはフロアマットでしょう。

 

 ヴェルファイアの純正オプションのフロアマットは、定価で102,600円と少々値が張ります。

 

 ネット通販なら、14色の中から選べて送料込み27,810円で買えます。社外品ですが品質は全く問題ありません。管理人のヴェルファイアにも使っています。

 

 フロアマットは純正より7万円以上安いので、かなりオススメできます。取り付けは難しくありませんが、結構重労働です。サービスでディーラーに付けてもらうように交渉した方がいいですね。

 

 ナビは純正でも10インチがありますが、社外品のアルパインなら11インチの大画面ナビが販売されています。アルパインにするなら、リアモニターもアルパインで揃えた方が良いでしょう。

 

 革調シートカバーは種類が豊富で価格も様々ですが、純正の半額以下で購入できます。取り付けは結構力が必要で大変なので、男性は良いかもしれませんが、女性には難しいでしょう。

 

 フロアマットと違って頼みにくいですが、新車契約時にディーラーで持ち込みで取り付けをお願いした方が良いかもしれません。

 

 以上の商品はネット通販の楽天市場で購入できます。

 

 

おすすめオプションを含んだ値引き見積もり

 

 

グレード名 ヴェルファイア2.5Z Gエディション
車両本体

4,362,120円

メーカーOP価格 151,200円
メーカーOP ホワイトパールクリスタルシャイン、ツインムーンルーフ
ディーラーOP価格 635,607円(工賃込み)
ディーラーOP

T-Connectナビ 10インチモデル、ETC2.0ユニット、マルチビューバックガイドモニター、12.1型後席ディスプレイ、ドライブレコーダー、iPod対応USB/HDMI入力端子、サイドバイザー、フロアマットセット(ラグジュアリータイプ)

諸費用 234,357円
目標値引き ▲230,000円
オプション値引き ▲127,000円(ディーラーOPの20%)
支払総額 5,026,284円

 

 おすすめオプションを含んだヴェルファイア2.5Z Gエディションの値引き見積もりです。

 

 メーカーオプションとディーラーオプションで80万円近くなっているので、それなりの総支払額になりますが、ヴェルファイア2.5Z Gエディションの値引きも大きいので、値引きのお得感はあります。

 

 フロアマットだけでも社外品にすれば、約7万円は安くなりますね。

 

 モデリスタのエアロは、通常のディーラーオプションと比べて値引きは少ないです。ディーラーによっては値引きゼロの所もありますが、5~10%の値引きは可能です。

 

 交渉次第ですが、モデリスタのエアロを入れたら上記の割引率を目指すか、「総額で○○万円になれば買う」とモデリスタのエアロ込みで総額での交渉が効果的でしょう。

 

 

ヴェルファイアZGの値引き実例は?

 

 現行型ヴェルファイア2.5ZGエディションは、どの位の値引きでユーザーが購入してきたのか、当サイトに寄せられる実例値引きを見てみましょう。

 

購入時期 グレード名 値引き額
2018年2月 ヴェルファイア 2.5 Z Gエディション 44.0万円
2018年2月 ヴェルファイア 2.5 Z Gエディション 55.0万円
2018年2月 ヴェルファイア 2.5 Z Gエディション 52.6万円
2018年2月 ヴェルファイア 2.5 Z Gエディション 53.0万円
2018年1月 ヴェルファイア 2.5 Z Gエディション 84.6万円
2018年1月 ヴェルファイア 2.5 Z Gエディション 38.2万円
2018年1月 ヴェルファイア 2.5 Z Gエディション 39.7万円
2018年1月 ヴェルファイア 2.5 Z Gエディション 50.0万円
2018年1月 ヴェルファイア 2.5 Z Gエディション 54.3万円

 

 上記はヴェルファイア2.5Z Gエディションのオプションからの値引きを含んだ値引きの合計金額です。

 

 2017年12月にマイナーチェンジが入った直後にも関わらず、年度末決算期の影響もあって、年明けから40万前後~50万円台と大胆な値引きに成功している実例が多く、中には84.6万円もの値引きを実現した猛者もいます。

 

 傾向としてはオプションを多くつけるほど値引き率も上がって来るため、ライバル車との競合や時期的要素も活かして大幅値引きを狙っていきましょう。

 

 

下取り車があるならヴェルファイア2.5Z Gエディションがさらに安く買える

 

もし下取り車をディーラーに出そうと思っているなら、ある事をするだけでさらにヴェルファイアZGの総支払額を下げられるかもしれません。

 

方法は簡単なので、是非試してみて下さい。

 

 

ディーラーの初回査定は信用しない

 

多くのユーザーは車を買い替える時に、ディーラーで査定してもらうと思います。管理人も毎回そうです。

 

しかしこのディーラーの下取り金額は、非常に低く見積もられていることが多いです。

 

管理人の実体験ですが、以前フィットシャトルハイブリッドを買い替えた時に新車の見積もりがてら、まずディーラーでどの位付くのか?査定してもらいました。

 

初回の査定金額は76万円でした。4年落ちですが、正直高いか安いかも分からなかったので、買取店にも査定してもらう事にしました。

 

買取店の査定サイトに申込んだ所、査定サイト上に自分の車の買取相場が表示されるのですが、なんとディーラーよりも20万円高かったのです。

 

 

査定

 

これが本当なら20万円も安く見積もられている事になります。早速ディーラーへ伝えました。

 

 

買取店の相場をディーラーに伝えたら20万円も安い下取り金額が・・・

 

後日新車の契約のためディーラーへ行って、最後の詰めの商談を行いました。

 

値引きはほぼ満足できる条件だったので、残るは例の下取り金額です。

 

「買取店では96万円は不可能な数字では無いようですが」と言うと、「あれから上司と相談しまして、同じまで頑張らせていただきます」とディーラーの下取り金額も96万円になりました。

 

実に初回の査定金額から20万円アップです。

 

この時したことは、査定サイトで表示された買取相場をディーラーに伝えただけです。

 

これだけで20万円のアップに成功したので、下取り車があるならヴェルファイアZGの支払額をさらに下げることも可能でしょう。

 

その後買取店に査定してもらうと、さらに高い108万円で買取るとの事。結局買取店へ売却することにしました。

 

その時の契約書です。

 

 

 

ディーラーの方が高ければそのままディーラーへ下取りに出しましたが、買取店の方が高かったので買取店へ売却しました。

 

ディーラーには「買取店へ売るかもしれないので下取りに出さない事もある」と了承してもらえば、買取店へ売却しても大丈夫です。

 

この時利用した査定サイトは、「かんたん車査定ガイド」です。1分程度の入力後すぐに自分の車の買取相場が表示されるので、ディーラー査定と比較するのに便利です。

 

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

 

 

 

新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

 

「新車が欲しいけど予算的に厳しい」「もっと安くクルマを買いたい!」と言う方もいると思います。

 

そんな時は新古車や未使用車がおススメです。

 

新車から登録しただけの未使用車なら、ほとんど新車感覚で乗る事ができる上、価格も新車を買うよりだいぶ割安になります。

 

また、試乗車上がりなど走行5000キロ以下の新古車なら、さらにお得な価格で乗る事が出来るでしょう。

 

ただ、こうした中古車は人気があるので、割安なプライスが付いた新古車・未使用車はすぐに売れてしまいます。

 

ガリバーのクルマコネクトなら、市場に出回る前の非公開車両を優先して紹介してくれるので、いち早くお得な中古車の情報を取得できます。

 

また、申し込みは電話不要のチャットのみで完結するので、手の空いたスキマ時間を使ってやり取りするだけで、とても便利です。

 

もちろん、新古車・未使用車以外でも、予算や条件、使用用途などを伝えれば、それに合った中古車を非公開車両含めて紹介してくれます。

 

>>ガリバーのクルマコネクトで中古車を探してもらう

 

 

 

ヴェルファイアZGの値引き交渉のノウハウはこちら

 

当サイトのヴェルファイア値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がヴェルファイアZGを限界値引きで購入しています。

 

今月のヴェルファイアの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

 

>>ヴェルファイア値引き交渉マニュアル

 

 

PR

PAGE TOP

copyright©2006-2018 トヨタ ヴェルファイアを買う! All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com