ヴェルファイアTOPヴェルファイア評価>ヴェルファイアの4WD性能

ヴェルファイアの4WDの性能は?実燃費や雪道走行を徹底評価!

ヴェルファイアの4WD性能は?
※ヴェルファイア:toyota.jp

 

トヨタのプレミアム・ミニバン「ヴェルファイア」は、迫力溢れるフロントマスクや優れたユーティリティー、充実した安全・快適装備などを売り物に、姉妹車種の「アルファード」と共にべストセラーを続けています。

 

3.5L/2.5Lガソリン車に4WD仕様車が設定されているほか、ハイブリッド車は全車4WDとなりますが、その実燃費や雪道での走行性能がどの程度のものなのかを、徹底評価します!

 

 

 


ヴェルファイアの4WDグレードの価格は?

 

売れ筋グレードにおける2WD車との価格差は?

 

ヴェルファイア4WD車で一番売れているグレードは、ハイブリッドエアロボディ車の中で下から2番目に位置する「ZR」です。

 

ハイブリッド車には2WD車の設定が無いため、3.5Lガソリンエンジン搭載の廉価グレード「ZG」2WD車と価格を比較すると、17万1,520円高い設定になっています。


パワートレインや装備が異なるので、約17万円の価格差が一概に大きいとも小さいとも言えません。

 

また、売れ筋の2.5Lモデルで比較すると、2.5Z(7人乗り)2WDモデルで3,735,720円、4WDは3,986,280円となっており、その差額は250,560円となっています。

 

他車種と比べて数万円ほど差額が大きいですが、車格を考えると妥当とも言えます。

 


4WD車と2WD車との仕様の違いは?

 

〇 ボディスペック

 

全高を比較すると、ガソリン2WD車が1,935mmであるのに対し、ハイブリッド車とガソリン4WD車は1,950mmと15mm高くなっています。

 

スペック
ヴェルファイア 2WD ヴェルファイア 4WD
全高(mm) 1,935
1,950
最低地上高(mm) 160 165(ハイブリッド車)
170(ガソリン車)
車両重量(kg) 1,920-2,150
2,090-2,240(ハイブリッド車)
1,980-2,210(ガソリン車)

 

一方、最低地上高はガソリン2WD車の160mmに対し、ハイブリッド車が165mm、ガソリン4WD車が170mmと僅かながらも違いがあります。

 

車両重量に関しては、ハイブリッド車>ガソリン4WD車>ガソリン2WD車、となります。

 


〇 パワートレイン

 

ハイブリッド車のパワートレインには、ハイブリッドシステムで前輪を、独立したモーターで後輪を駆動する、「高出力E-FOUR」と呼ばれるものが採用されています。

 

ガソリン4WD車と2WD車のパワートレインには、違いはありません。

 


ライバル車との価格差は?

 

ヴェルファイアハイブリッドのライバル車 エスティマハイブリッド

 

ヴェルファイアハイブリッドのライバル車には、同じトヨタ車になりますが「エスティマハイブリッド」を、ZRと競合するグレードには、最上級の「アエラス プレミアムG」を選びました。

 

価格は、ヴェルファイアハイブリッドZRの512万280円(※北海道地区は515万1,600円)に対し、492万8,727円(※北海道地区は495万7,887円)と20万円程の差があります。

 


ヴェルファイア4WD車の実燃費は?

 

カタログ燃費と実燃費の差は?

 

ヴェルファイアハイブリッドZRのカタログ燃費(JC08モード値)は18.4km/L、当サイトの調査による実燃費は11.4km/Lです。

 

カタログ燃費との差は7km/Lもありますが、カタログ燃費との乖離はハイブリッド車にはよくあることです。

 

一方、3.5ガソリンエンジン搭載のZG・4WD車の場合は、カタログ燃費が10.4km/L実燃費が7.1km/Lで、ハイブリッドと比べると差は小さくなっています。

 


2WD車との実燃費の差は?

 

当サイトの調査によるヴェルファイアZG・2WD車の実燃費は8.2km/Lなので、ZG・4WD車と比べると約1km/L優れているものの、ハイブリッドZRとの比較では4km/L以上劣っています。

 


ライバル車との実燃費の差は?

 

エスティマハイブリッド・アエラス プレミアムGの実燃費は、当サイトの調査によると11.6km/Lなので、僅か0.2km/Lの差ながらヴェルファイアハイブリッドZRの方が勝っています。

 


ヴェルファイア4WD車の雪道の走行性能は?

 

ヴェルファイアの4WDはどんなシステム?

 

〇 ヴェルファイア4WDの概要

 

ヴェルファイアのガソリン車に採用されている4WDシステムは、「アクティブトルクコントロール4WD」と呼ばれるアクティブオンデマンド型の一種です。

 

機械式であるため、床下にプロペラシャフトと電子制御式カップリングが存在します。

 

ヴェルファイアハイブリッドの4WDシステム

 

一方、ヴェルファイアハイブリッドに採用されている「高出力E-FOUR」は、後輪を独立したモーターで駆動するため、プロペラシャフトはありません。

 


〇 ヴェルファイア4WDの制御

 

まず、アクティブトルクコントロール4WDの制御ですが、通常は2WDで走行し、各種センサーからの情報を受けたコンピューターが4WD走行が必要であると判断すると、電子制御カップリングに後輪にもトルク配分するよう指示を与えます。

 

前後輪のトルク配分は、路面状況や走行状況に応じて100:0から直結(50:50)まで自動的に変化します。

 

一方、高出力E-FOURの制御は、こちらも通常は2WDで走行する点はアクティブトルクコントロール4WDと同じです。

 

ただ、4WD走行に移行する条件はアクティブトルクコントロール4WDと異なり、前輪にスリップが生じた場合や旋回時など、前後輪に回転差が生じた場合になります。

 

前後のトルク配分は、こちらも路面状況などに応じて連続的に可変します。

 

 

ヴェルファイアの雪道での実際の走行性能は?

 

ヴェルファイア雪道走行の性能

 

〇 ヴェルファイア4WDの雪道発進・加速時

 

ヴェルファイア・ガソリン4WD車の場合もヴェルファイアハイブリッドの場合も、アイスバーンなどの滑り易い路面での発進のスムーズさや、加速時の姿勢の安定性などは、ガソリン2WD車の比ではありません。

 

ただ、ハイブリッドの場合は前輪のスリップを検知してから後輪にトルクが伝達される方式なので、ガソリン4WD車と比べると幾分不自然なフィーリングがあります。

 


〇 ヴェルファイア4WDの雪道登坂・降坂時

 

雪道の登坂時は、ヴェルファイア・ガソリン4WD車もヴェルファイアハイブリッドも常時4輪にトルクが配分される状態になるので、登坂能力やフィーリング面での大きな差はありません。

 

ただ、坂道で停車後、再度発進するようなケースでは、ハイブリッド車は雪面の状態によっては一瞬前輪がスリップすることがあります。

 

とはいえ、ガソリン2WD車のように再発進が出来なくなる心配は無いので、大きな欠点にはなりません。

 

一方、雪の下り坂においては、ガソリン4WD車に採用されるアクティブトルクコントロールは、ビスカスカップリング式などと異なり4輪全てにエンジンブレーキが働くので、確実な減速が可能です。

 

また、高出力E-FOURを採用するハイブリッド車も、前輪にエンジンブレーキと回生ブレーキが、後輪に回生ブレーキが働くので安心感があります。

 

ただ、車両重量が2WD車よりも重いため、一旦滑り出した時のコントロールはむしろ難しいので、慎重な運転操作が求められる点は2WD車と一緒です。

 


〇 ヴェルファイア4WDの雪道通常走行時

 

雪面の情況が刻々と変化するような状況での走行の安定性を、同じスタッドレスタイヤを装着した状態で比較すると、ガソリン4WD車>ハイブリッド車>ガソリン2WD車の順になります。

 

ただ、ガソリン4WD車とハイブリッド車の差は大きいものではありません。

 

一方、ハイブリッド車とガソリン2WD車では、走行性能に相当な開きがあります。

 

雪道走行では、システムの方式がどんなものでも、4WDでさえあれば2WDに大きな差が付く、という事です。

 


ヴェルファイア4WDのまとめ

 

ヴェルファイア4WD車を総合的に評価すると、雪道での走行性能に関しては、ガソリン車にしてもハイブリッド車にしても必要十分な能力は確保されています。

 

ただ、「三菱・デリカD:5」のような4WDロック機能は持たず、最低地上高もそれと比べると40mm以上小さいので、深雪時は無理が効きません。

 

従って、豪雪時の運転を控えるなど、無理をしない範囲で使う必要があるでしょう。

 

燃費性能に関しては、ハイブリッド車はフルサイズのミニバンとしてはかなり良好と言えます。

 

一方、ガソリン4WD車はさすがにハイブリッド車よりは大きく劣りますが、クラスの平均レベルを下回る訳ではありません。

 

総括すると、ヴェルファイア4WD車は、降雪地帯で使う大型ミニバンとして走行性能・燃費性能共に十分合格点を与えられます。

 

 

下取り車があるならヴェルファイアがさらに安く買える

 

もし下取り車をディーラーに出そうと思っているなら、ある事をするだけでさらにヴェルファイアの総支払額を下げられるかもしれません。

 

方法は簡単なので、是非試してみて下さい。

 

 

ディーラーの初回査定は信用しない

 

多くのユーザーは車を買い替える時に、ディーラーで査定してもらうと思います。管理人も毎回そうです。

 

しかしこのディーラーの下取り金額は、非常に低く見積もられていることが多いです。

 

管理人の実体験ですが、以前フィットシャトルハイブリッドを買い替えた時に新車の見積もりがてら、まずディーラーでどの位付くのか?査定してもらいました。

 

初回の査定金額は76万円でした。4年落ちですが、正直高いか安いかも分からなかったので、買取店にも査定してもらう事にしました。

 

買取店の査定サイトに申込んだ所、査定サイト上に自分の車の買取相場が表示されるのですが、なんとディーラーよりも20万円高かったのです。

 

 

査定

 

これが本当なら20万円も安く見積もられている事になります。早速ディーラーへ伝えました。

 

 

買取店の相場をディーラーに伝えたら20万円も安い下取り金額が・・・

 

後日新車の契約のためディーラーへ行って、最後の詰めの商談を行いました。

 

値引きはほぼ満足できる条件だったので、残るは例の下取り金額です。

 

「買取店では96万円は不可能な数字では無いようですが」と言うと、「あれから上司と相談しまして、同じまで頑張らせていただきます」とディーラーの下取り金額も96万円になりました。

 

実に初回の査定金額から20万円アップです。

 

この時したことは、査定サイトで表示された買取相場をディーラーに伝えただけです。

 

これだけで20万円のアップに成功したので、下取り車があるならヴェルファイアの支払額をさらに下げることも可能です。

 

その後買取店に査定してもらうと、さらに高い108万円の査定金額が付いたので、結局買取店へ売却することにしました。

 

その時の契約書はこちら。

 

 

 

ディーラーの方が高ければそのままディーラーへ下取りに出しましたが、買取店の方が高かったので買取店へ売却しました。

 

ディーラーには新車の契約時に「買取店へ売るかもしれないので下取りに出さない事もある」と了承してもらえば、買取店へ売却することが出来ます。

 

もし買取店の査定を検討しないで、ディーラーへ下取りに出していたら最初の76万円で売っていたかもしれません。(32万円の損です・・・)

 

この時利用した査定サイトは、「かんたん車査定ガイド」です。1分程度の入力後すぐに自分の車の買取相場が表示されるので、ディーラー査定と比較するのにとても便利ですね。

 

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

 

 

 

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!

 

最後に三井物産グループのカープライス買取オークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れる可能性があります。

 

一回だけカープライスの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく1000社以上の買取店や中古車販売店から入札を受けられます。

 

出品時には、最低落札価格を設定できるので、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

 

それに対して1000社以上もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

 

店舗での査定か自宅まで来てくれる出張査定を1度受けるだけで、あとはカープライスにお任せなので、手間も掛からず非常に楽です。

 

ここまで出来れば、下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなるでしょう。

 

>>カープライスの査定申し込みはこちら

 

 

 

ヴェルファイアの値引き交渉のノウハウはこちら

 

当サイトのヴェルファイア値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がヴェルファイアを限界値引きで購入しています。

 

今月のヴェルファイアの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

 

>>ヴェルファイア値引き交渉マニュアル

 

 

PR

PAGE TOP

copyright©2006-2018 トヨタ ヴェルファイアを買う! All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com