ヴェルファイアTOPヴェルファイア評価>ヴェルファイア人気オプション

ヴェルファイアでみんなが選ぶ人気のオプションとナビは?コレがおススメ!


※ヴェルファイア:toyota.jp

 

 押し出しの効いたスタイリングや上質なインテリア、先進装備の採用などが魅力のプレミアムミニバン、「トヨタ・ヴェルファイア」で人気のオプションとナビを評価します。

 

 ヴェルファイアのメーカーオプションとしては主に快適装備が、ディーラーオプションとしてはエクステリア&インテリア関係や安全装備・快適装備、ナビ・オーディオ関連などさまざまなアクセサリーが用意されています。

 


ヴェルファイアのおすすめメーカーオプションは?


快適装備のおすすめメーカーオプションは?

 

〇レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)

 

 

 

 レーダークルーズコントロールとは、ヴェルファイアに内蔵されたミリ波レーダーによって先行車を検知、110km/h以下の車速域で先行車との距離を一定に保ちながら自動で追従してくれる機能です。

 

 当然、先行車が原則・停止すれば、ヴェルファイアもそれに合わせてくれますし、先行車が再び発進した時は、ドライバーの操作によって再び追従走行してくれます。

 

 これを活用すると、ヴェルファイアの基本的なアクセル&ブレーキ操作から解放されるので、ロングドライブ時の疲労が格段に軽減されます。

 

 また、ヴェルファイア自身がクルマの流れに乗って穏やかに走ってくれるので、スピード超過や無理な追い越しなどの無謀運転による事故を予防できるメリットもあります。

 

 レーダークルーズコントロールはトヨタの安全運転支援システム「トヨタセーフティセンス」に組み込まれており、ヴェルファイアでは全グレードで標準装備となっています。

 


エクステリアのおすすめメーカーオプションは?

 

〇ツインムーンルーフ(フロントチルト&リヤ電動スライド+挟み込み防止機能付)

 

 

 ヴェルファイアのフロント&リヤ部分に分割されたサンルーフです。

 

 フロントにはチルトアップ機構が付くので、小雨程度ならば換気に利用することができます。

 

 また、電動スライド機構が備わるリヤは、大開口により後席の乗員に快適なオープンエアモータリングを提供します。

 

 価格は118,800円と少々贅沢なオプションになりますが、高原などで森林浴を味わいながらドライブする心地よさはこの装備なしでは決して得られないので、是非ともおススメしたいところです。

 

 また、ヴェルファイアを売却する際にもオプション料金以上の買取金額アップが見込めます。

 


〇スマートエントリー(運転席・助手席・バックドア/アンサーバック機能付)+プッシュスタートシステム+スマートキー2個

 

 

 表記の装備は、スマートキーをバッグやポケットに携帯して、あらかじめ設定したヴェルファイアのスライドドア検知エリアに近づくと、自動でスライドドアが解錠・オープンする機能を持ってます。

 

 これはヴェルファイアの「ウェルカムパワースライドドア機能」と呼ばれるもので、両手が荷物で塞がっていたり赤ちゃんを抱いていたりする場合に大変重宝します。

 

 さらに、パワースライドドアおよびパワーバックドアの自動クローズ中にフロントドアのセンサーに触れると、クローズ後に自動的に施錠される予約ロック機能も付きます。

 

 

 

 また、プッシュスタートシステムにより、ヴェルファイアのエンジン始動/ハイブリッドシステム起動がスイッチを押すだけで可能であるなど、このオプションは非常に利便性の高いものとなっています。

 


ヴェルファイアのおすすめディーラーオプションは?


エクステリアのおすすめディーラーオプションは?

 

〇モデリスタエアロ

 

 

 ヴェルファイアで非常に人気の高いモデリスタのエアロパーツです。


 ヴェルファイアには、グレードによって2タイプずつラインナップされていますが、これはまさにお好みで選んで良いと思います。

 

 安くはないオプションですが、装着したヴェルファイアのカッコよさ&所有する満足感、そしてリセールでもかなりのプラス査定が期待できるので、予算があればモデリスタのエアロはおススメです。

 


〇サイドバイザー(RVワイドタイプ)

 

ヴェルファイアのオプション

 

 ヴェルファイアの前席用および後席用ドアのウィンドウ上部に装着するバイザーで、雨の日の換気などに重宝するアクセサリーです。

 

 サイドバイザーは一般的に高速走行時の風切り音が増加する欠点がありますが、トヨタのヴェルファイア用純正品は風切り音にも配慮されており、メリットのみを享受できるので大いにおススメできます。価格は30,240円となっています。

 


〇メッキドアミラーカバー

 

 

 ヴェルファイアには、エクステリアをお洒落にドレスアップする様々なアクセサリーが用意されていますが、高価なものが多いのでなかなか積極的には勧められません。

 

 そんな中で、「メッキドアミラーカバー」は16,200円のお手頃価格ながら、ヴェルファイアのエクステリアにアクセントを加えてくれるのでおススメできます。

 


インテリアのおすすめディーラーオプションは?

 

〇予算に余裕があればシステムコンソール(保温冷庫付)

 

 

 

 ヴェルファイアにカップホルダー・保温冷庫・収納ボックスなどを備えつけるコンソールボックスで、特に冷たいドリンクや暖かいドリンクがいつでも飲める保温冷庫は、ロングドライブで大変重宝する装備になります。

 

 さらに、木目仕上げによるゴージャスな外観により、ヴェルファイアの車内空間に高級感を高めてくれます。

 

 165,240円と価格は張りますが、予算に余裕がある場合はおススメです。

 


〇オットマン

 

 

 ヴェルファイアの後席で使用するための足載せで、4つのモードにより乗員にくつろぎを与えてくれます。

 

 特に、家族を乗せて長距離を移動するケースが多い方におススメです。

 

 価格は1個17,820円です。

 


〇フロアマットセット(ラグジュアリータイプ)

 

 

 ヴェルファイアの車内空間に上質感をプラスするとともに、ヴェルファイアのフロアが直接汚れるのを防止できるフロアマットは、ヴェルファイアに欠かせないアイテムと言っても過言ではありません。

 

 ヴェルファイアには3種類のフロアマットが用意されていますが、消臭・抗菌などの「ペンタゴンスター5」機能を持たない一番安価なラグジュアリータイプで十分です。

 

 ペンダゴンスター5は、付いていても正直なかなか効果が実感できにくいからです。

 

 また、エントランスマット(サイドステップ用マット)付と無が用意されていますが、72,360円の無の方で問題はないでしょう。

 


快適装備のおすすめディーラーオプションは?

 

〇リバース連動ミラー

 

 

 ヴェルファイアのシフトレバーを「R」にすると助手席側のドアミラー鏡面が下向きになり、Rを解除すると元の位置に戻る装備です。

 

 ヴェルファイア後輪付近の障害物などが発見しやすくなるほか、駐車スペースの白線も見易くなるので、駐車が容易になります。

 

 価格も16,200円とお手頃なので、ヴェルファイアに装着することをおススメします。

 


ナビのおすすめディーラーオプションは?

 

〇T-Connectナビ 10インチモデル

 

 

 ヴェルファイアには、ディーラーオプションとして7種類のナビが設定されていますが、当サイトのおススメは上位クラスの287,280円のプライスが付いている表記のナビです。

 

 やはり10.5インチのモニターは大きく見やすく、ヴェルファイアの運転中、一瞬でもナビに目を向ける場合、視認性が高いほど安全性も高まります。


 社外品のアルパイン「BIGX」と迷う所ですが、ディーラーオプションナビでも十分不足はありません。


 お子さんが居る家庭では、合わせてフリップダウン式の後席モニターをお勧めします。

 


快適装備のおすすめディーラーオプションは?

 

〇上記ナビを付けるならマルチビューバックガイドモニター

 

 

 ヴェルファイアに上記ナビを装着する場合、合わせて付けたいのが、「マルチビューバックガイドモニター」です。

 

 これは、リヤカメラで捉えた映像を、水平角度180°の「広角ワイドビュー映像」と、ヴェルファイアを上方から見下ろしたような「トップビュー映像」を組み合わせてナビ画面に表示するもの。

 

 全長が長いヴェルファイアをバック駐車する際の安全確認に威力を発揮、必須オプションと言えるでしょう。

 


ちょっと待った!そのディーラーオプションは必要ないかも・・

 

〇革調シートカバーは、社外品でコスパを高めよう!

 

 

 ヴェルファイアのシート汚れを防ぎ、車内の高級感も損なわない革調シートカバーですが、149,040円とかなりお高くなっています。

 

 でも、似たような形状で、もっとコスパの良い社外品がたくさん売っているので、ヴェルファイアのシートカバーには、こちらをおすすめします。

 


下取り車があるならヴェルファイアがさらに安く買える

 

もし下取り車をディーラーに出そうと思っているなら、ある事をするだけでさらにヴェルファイアの総支払額を下げられるかもしれません。

 

方法は簡単なので、是非試してみて下さい。

 

 

ディーラーの初回査定は信用しない

 

多くのユーザーは車を買い替える時に、ディーラーで査定してもらうと思います。管理人も毎回そうです。

 

しかしこのディーラーの下取り金額は、非常に低く見積もられていることが多いです。

 

管理人の実体験ですが、以前フィットシャトルハイブリッドを買い替えた時に新車の見積もりがてら、まずディーラーでどの位付くのか?査定してもらいました。

 

初回の査定金額は76万円でした。4年落ちですが、正直高いか安いかも分からなかったので、買取店にも査定してもらう事にしました。

 

買取店の査定サイトに申込んだ所、査定サイト上に自分の車の買取相場が表示されるのですが、なんとディーラーよりも20万円高かったのです。

 

 

査定

 

これが本当なら20万円も安く見積もられている事になります。早速ディーラーへ伝えました。

 

 

買取店の相場をディーラーに伝えたら20万円も安い下取り金額が・・・

 

後日新車の契約のためディーラーへ行って、最後の詰めの商談を行いました。

 

値引きはほぼ満足できる条件だったので、残るは例の下取り金額です。

 

「買取店では96万円は不可能な数字では無いようですが」と言うと、「あれから上司と相談しまして、同じまで頑張らせていただきます」とディーラーの下取り金額も96万円になりました。

 

実に初回の査定金額から20万円アップです。

 

この時したことは、査定サイトで表示された買取相場をディーラーに伝えただけです。

 

これだけで20万円のアップに成功したので、下取り車があるならヴェルファイアの支払額をさらに下げることも可能です。

 

その後買取店に査定してもらうと、さらに高い108万円の査定金額が付いたので、結局買取店へ売却することにしました。

 

その時の契約書はこちら。

 

 

 

ディーラーの方が高ければそのままディーラーへ下取りに出しましたが、買取店の方が高かったので買取店へ売却しました。

 

ディーラーには新車の契約時に「買取店へ売るかもしれないので下取りに出さない事もある」と了承してもらえば、買取店へ売却することが出来ます。

 

もし買取店の査定を検討しないで、ディーラーへ下取りに出していたら最初の76万円で売っていたかもしれません。(32万円の損です・・・)

 

この時利用した査定サイトは、「かんたん車査定ガイド」です。1分程度の入力後すぐに自分の車の買取相場が表示されるので、ディーラー査定と比較するのにとても便利ですね。

 

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

 

 

 

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップするかも?

 

最後にユーカーパックのオークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

 

一回だけユーカーパックの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく最大2000社の買取店から入札を受けられます。

 

ユーカーパックの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

 

2000社もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

 

落札に至らなくても、ユーカーパックの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

 

1度の査定(提携ガソリンスタンドか出張査定を選べる)だけで、あとはユーカーパックにお任せなので、非常に楽です。

 

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

 

>>ユーカーパックの査定(無料)はこちら

 

 

 

ヴェルファイアの値引き交渉のノウハウはこちら

 

当サイトのヴェルファイア値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がヴェルファイアを限界値引きで購入しています。

 

今月のヴェルファイアの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

 

>>ヴェルファイア値引き交渉マニュアル

 

 

PR

PAGE TOP

copyright©2006-2018 トヨタ ヴェルファイアを買う! All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com